読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バケットスロッシャー考察の置き場

アレがアレだったのでアレしました。

面倒なサブウェポン、スペシャルウェポンの対処法

読んでいただきありがとうございます。

サブスペ対処法についてちょっと思ったことをつらつら書く記事になります。

あとギアの時に無駄なものを書くのは疲れると学んだので面倒なものだけになります。

バケツっていうより基本的な立ち回りの記事になります。

サブウェポン

面倒なものは大抵決まっているので、最初の編成確認の時点で注意してイメージを固めておきましょう。面倒なの順。

ポイズンボール

当てられてしまうと、インク消費量が2倍になり、インク回復が3/4になってしまいます。避けることができた場合、相手はインクを50%消費しているので、クイボでちょっかいをかけて焦らせてしまえばいいでしょう。当たらないのが一番ですが、当たってしまった場合は冷静に潜伏してカウンターするか、かなり早い段階でリスポーンに戻りましょう。

相手がボム飛距離をつけていて射程外で1対1だった場合高確率で2度がけをしてくるので、これも気づいたら早めにリスポーン地点に戻りましょう。

ここからはカウンターする時の注意事項。まず前提として、消費が2倍になるのでバケツクイボは一回しかできません。クイボを先にすると94%のインクを消費します。そしてちょっと豆知識。サブウェポンは元々の消費量分のインクがあれば使用可能です(消費量は80%だけど40%の状態で使用できる)。つまり、メインを先に撃てば54%の状態からでもコンボができます。

100%からの振れる数は7回だけです。振れる数が丁度端数切捨てで1/2になりますので、8回にするにはメイン効率を0,3、9回にするには0,5必要です。

クイックボム

射程が似ているので注意が必要です。曲射もしてくるので、障害物も安置ではありません。当たったら2発目が飛んでくる前に後方に逃げましょう。2発撃つと80%のインク(3連投できるタイプだったら66.6%)を消費しているため、その隙を狙って確実に倒しましょう。

ボム飛距離を積まれている場合、直撃さえ当たらないようにしておけば勝手にインクを消費していくので隙を狩りましょう。ただただ同じ数のクイボを投げ合うのは無意味なので注意。

スプラッシュシールド

相手の射程次第ではありますが、相手のシールド裏にクイボを通して様子を見て、近くに障害物があるなら貼りついて上から通して壊しましょう。壊してしまえばこっちのものです。射程が長い相手にはボム飛距離を積んでいると立ち回りやすいですが、時間がかかってリターンが少ないのでそこまでせずとも逃げていいと思います。

スプラッシュボム、キューバンボム

思いっきり牽制してきますが、自分の真下にきた場合は投擲モーションの隙をコンボで狩ってから前方向に逃げ、自分の前に来たら様子を見て爆発したら上塗り、それかクイボで牽制して逃げさせましょう。後ろに投げられたら間合い的にインク管理に気をつけて直接殴ればいいんじゃないかな。

キューバンはエリアを取られることが多いので、エリア内の余っている爆発で塗られないところを塗っておくか、2エリアの場合は片方をしっかり塗っておくとペナルティを避けられます。

チェイスボム

大体短射程がぬっと出てくるので、安全な場所から最大射程で上塗りしておきましょう。爆風の範囲も思っているより広いので気をつけること。バーンドが出てくる可能性もあるので、構成をよく見て、でもって出てきた場合は前隙しっかり狩りましょう。

投擲モーションの隙がなかなかにデカいので、そのモーションを見かけたらしっかり狩れるといいですね。

ポイントセンサー

当たってもいいや、ヘイト稼げるし。くらいのつもりでいましょう。ヘイトを稼ぐときの倒されない立ち回りを覚えておくといいですね。

ただ、一番いけないのは一回の投擲に2人のイカが引っかかることなので、存在が確認できたら味方に貼りつくようなことはやめましょう。

スプリンクラー

壊せ。あ、デコイに使ってることがありますので近くに高射程がいたら要注意。

足場においてみがわりにしている場合、容赦なく上からぶっかけましょう。判定勝ちできます。クイボを先にするコンボだとスプリンクラーにあたりかねないので注意。

ビーコン

障害物に隠れてても壊しやすいブキなのでパッド見て積極的に壊しましょう。アイコン見てジャンプ狩りも忘れずに。

トラップ

範囲を活かして投擲モーションしっかり狩りましょう。普通にクリアリングしてれば引っかかりません。が、僕の思っている普通が普通じゃない可能性もあるので、一応相手にトラップ持ちがいる場合入念にクリアリングはしておきましょう。ちっちゃな塗り痕跡がトラップだったりします。

スペシャルウェポン

アタマが光ってるかしっかり確認して状況を見て対策を立てましょう。

バリア

間合いと塗り状況さえよければ全く問題ないですが、問題は間合いを詰められている時の対処法です。というかそこまでくるともはや対処法がほぼないので、障害物があるならスパジャン、なんなら近くに水没できる場所がある場合は水没するといいでしょう(他殺と水没では復活時間が約1秒半違う)。近くを狙いにくいブキの場合はクイボで鬱陶しく相手の周りをくるくるするのもアリです。

ちなみに遠くからクイボを投げてノックバックでさらに遠ざけさせようとするとインク的にもキツイうえバリアの判定に吸われるorバリアを越えてこちら側にノックバックしてしまうことがあるのでオススメしません。ていうかそんなにノックバック強くないし。

アタマ光ってるのをみて最大射程から奇襲で抱え落ち又は無駄吐きさせるといいですね。これはホントにブキ次第ですが。相手の射程が短い場合は引き気味に戦ってればわりと簡単に処理できると思います。

ダイオウイカ

抱え落ちか無駄吐きさせるのが一番いいですが、バリアと比べてこちらが塗り状況で完全に勝っていても威嚇に使われるので、そうもいきません。ただ、塗り状況の勝っている広場ではクイックボムでそれなりにいなすことができるので、誘いに誘って諦めたとこを狩りましょう。リスポンジャンプさせたらそれはそれで十分です。

クイックボムのノックバックはVer,2.7.0で修正がありましたが、なくなっている訳ではありません。ノックバックに弱いダイオウイカに対してはまだまだ十分有用です。インクタンクと相手をしっかり見て投げましょう。空投げすると死にます。

相手がイカ速度を積みすぎている場合カーブがしにくいので、できるタイミングでクイボでUターンするといいでしょう。バケツメインをぶっかけるのは効果終了間際くらいにしか効きません。

発動音を聞いて身を潜め、効果終了の隙を狩るのも重要です。

スーパーショット

気合であててくるので気合で避けましょう。っていうのは嘘で、障害物にぴったり張り付く(壁ではなく床)のが一番いいです。次に相手の撃ってる直線上の完全に死角の位置で待機。これは気づかれていると追ってきてそのまま撃って倒されるので、タイミングを見計らって決めうちすると運が悪くなければ相打ちをもぎ取れます。

索敵されて見つかったらほぼ死んだも同然なので、こちら側は発動に気づいたらなるべく動かない、気づかれないことが重要です。見つかったら最大限ヘイトを稼いで避けられるだけ避けて死にましょう。そのまま避けられるのが一番いいですが。

不意打ちされるのは仕方ないですが、構成にいる時点で警戒しておきましょう。頭が光っているのを確認できたら即時に撃ってくることが多いので、その時点で警戒。あとは音を聞けるといいですね。連携をする際の報告にも重要です。

完全の射程の外の場合に限り、トルネードを溜めるといいですね。

スーパーセンサー

一斉にセンサーで見られると動けずなかなか不便です。トルネードが有用なルール、ステージの場合はコツコツトルネードを溜めておきましょう。それ以外はクイボでちょっかいをかけるといいですね。

ボムラッシュ

近づかずに潜伏して投げてる本体を狙える時を見定めましょう。どうしてもエリアを取られちゃうのはそういうスペシャルなので諦めましょう、死ぬよりマシです。障害物に隠れていると投げられて逃げ場なく死んでしまうので、安置が安置じゃなくなった時は早めに見定めてリスポーン地点に戻りましょう。

トルネード、メガホンレーザー

撃たれると強い位置をステージごとに把握しておくのが一番いいです。それだけで不意をつかれた死はグッと減ります。勝負事は相手を知ることが第一ですね。エリアに撃たれているトルネードは安全な場所からしっかり上塗りしましょう。

 

以上です。よく考えたら面倒じゃないサブスペなんてなかったのでこうなりました。

次は長らく触れてなかった基本仕様に。データ取るのにこだわってましたがなかなか進まないのでそこらへんは適当に書きます。

カンストしたらマップ書き込み終えて小分けでエリアステージの立ち回り解説できたらなーと思っています